Firefox Hacks 翻訳日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Adobe、Mozilla、そして Tamarin

<<   作成日時 : 2006/11/08 23:46   >>

トラックバック 0 / コメント 3

この記事は、Mozilla Foundation の executive director である Frank Hecker が自分のブログに 2006年11月7日付けで投稿した、Adobe, Mozilla, and Tamarin の翻訳である。旬の文書なので、翻訳の速度を優先して正確性を犠牲にした部分がある。誤読・誤訳の類はコメント欄でご指摘いただきたい。



Adobe、Mozilla、そして Tamarin


Adobe が ActionScript Virtual Machine (AVM2) をオープンソース・コードとして Mozilla プロジェクトに寄贈した、という プレスリリース和訳) が公表され、Brendan がブログに記事を書いた。私はこのプロジェクトには直接かかわっていないが、ここ数日、プレス資料をレビューしたりプレスのインタビューを受けたリしてきたので、このアナウンスメントが持つ重要性と、それが Mozilla プロジェクトおよびウェブ全体において意味するものについて考える機会があった。私が考えたことのいくつかを書いておこう。


基礎


まず、このアナウンスがどんなものか(そしてどんなものではないか)を簡単に振り返ってみよう。(プレスリリースと既出記事の繰り返しになる事をお許しいただきたい。読者が実際にこれらの記事を読んでいると決めつけることはできない、ということを私は過去の経験から学んだ)


Adobe の Flash player は、プログラミング言語である ActionScript (現在のバージョンは ActionScript 3.0) で書かれたアプリケーションを実行する。ActionScript は ECMAScript の言語仕様に基づいており、JavaScript の兄弟と言える。Adobe は Flash Player 9 で ActionScript を実行する新しいバーチャルマシン (AVM2) を採用した。AVM2 の特筆すべき特徴として Just In Time (JIT) コンパイラ があげられる。これによって、ActionScript のバイトコード (ActionScript が最初にコンパイルされる形式) がネイティブな機械語命令に変換され、ActionScript 3.0 アプリケーションの実行が高速化されるのだ。


今回 Adobe は、AVM2 バーチャルマシンの実装に関するコードを、オープンソースとして、Tamarin という名称の Mozilla プロジェクトでリリースした。Adobe は Mozilla コミュニティの開発者たちと協力して Tamarin のコード開発を続け、それを彼らの製品の将来のバージョンにおける ActionScript バーチャルマシンの基礎として使用するだろう。Mozilla プロジェクトは、Firefox や他の製品に使用されている C ベースの JavaScript エンジンである SpiderMonkey の将来のバージョンの一部として Tamarin を使用するだろう。これは、Mozilla 2拙訳: Mozilla 2 和訳) テクノロジーを使用した将来の Firefox (Firefox 3 の後) に搭載される予定だ。


("Tamarin" という名前は、"SpiderMonkey" も当然含まれる、Mozilla のモンキー・テーマというプロジェクト名の慣例にのっとったものだ。"SpiderMonkey" と同様に "Tamarin" もコードネームであり、商標ではない。Tamarin のプロジェクトページに記載されているように、Tamarin framework for development of Java Swing applications というすでにある名称を再使用する許可を与えてくれた Ben Parker に感謝する)


Tamarin は Flash プレイヤーのオープンソース版ではない、という事に注意されたい。これは単に Flash Player 9 に組み込まれているバーチャルマシンであり、Flash を構成する他のコンポーネント (画像表示や、音楽とビデオを再生する部分) は含まれていない。Adobe は、Firefox とは別の自社製品として、Flash プレイヤーの開発と配布を継続するだろう。


これが意味するもの


これが意味するものは何か? まず、Firefox と、Mozilla テクノロジーに基づいた他のアプリケーションのユーザーにとっての意味から始めよう。Firefox と Mozilla 製品の将来のバージョンでは、JavaScript によるアプリケーションの動作速度が顕著に速くなるだろう。これには、一般に "Web 2.0" のミームとして考えられている AJAX を使用したウェブ・アプリケーションも含まれている。(Adobe の内部テストによれば、AVM2 テクノロジーの導入によって、ActionScript アプリケーションの実行速度は 10倍高速化された。) Firefox と Firefox の拡張機能は (Mozilla の XUL テクノロジーを使用した他のアプリケーションと同様に) JavaScript で書かれている部分があるので、Firefox 自身のパフォーマンスが向上する領域もあるだろう。


ウェブ・アプリケーションと XUL アプリケーションの開発者も、パフォーマンス向上の恩恵を実感するだろう。現在の JavaScript エンジンではパフォーマンスの面で実現できなかったような、新しく革新的なアプリケーションを開発することができる。ECMAScript 4th Edition にともなう新しい JavaScript 言語機能を利用することができるし、ActionScript を使用した Flash アプリケーションの開発に JavaScript の知識を使用することができるだろう (逆もまた真なりだ)。


最後に、Mozilla プロジェクトにとって、Adobe は主要な貢献企業の一つとなる。今回の Adobe の貢献は、Netscape が 1988年に Mozilla のソースコードを最初にリリースしてからこのかた、単一のコードの貢献としては最大のものだ。私たちの製品にとって非常に重要な新しいテクノロジーを入手した、ということだけではない。私たちと Adobe は ECMAScript 言語テクノロジーで緊密な共同作業ができる上に、お互いの作業の重複を避けることができる。双方にとって、別の革新的な分野に割けるリソースを増大させることができるのだ。


Adobe、Mozilla、そして将来に参加するかもしれない他の組織にとって、クライアントサイドのウェブテクノロジーにおける Tamarin プロジェクトの意義は、サーバーサイドのウェブテクノロジーにおける、いわゆる "LAMP" スタックとなるだろう。鍵となる仕様 (Tamarin では ECMAScript、LAMP スタックでは HTTP や SQL など) の回りに開発を集中する、ということだけではなく、これらの仕様の高品質なオープンソースの実装を共同で開発しプロモートする、という動きだ。このような共同作業は、そのテクノロジーで、より大きな商用あるいは非商用のエコシステムを構築するのに役立ち、結果として全てのウェブユーザーの利益となるだろう。


維持的な改革を讃えて


ここまでを読んで、こう言う人もいるだろう。「よーするに、Tamarin は、ウェブアプリケーションを高速化すると。もしかすると一桁上のレベルで高速化するかも。あと、JavaScript と ActionScript の互換性を向上する、ということね。で、それがどうしたの?」 我々は、「世界を変える」「型破りな」技術革新に注目するように条件付けられていて、単なる「付加的な」改良は軽視しがちだ。Clayton Christensen が広めた用語を使えば、私たちは "disruptive innovations (破壊的な改革)" はセクシーで、 "sustaining innovations (維持的な改革)"はそうではない、と考えてしまう。


私は、これは大きな間違いだと思う。まず、「破壊的」と「維持的」という用語は、改革の技術的なメリットを示すものではない。それは単に、既存のユーザーのニーズを満たす率が高い (維持的な改革) か、あるいは新しいユーザーにアピールする率が高い (破壊的な改革)か、の度合いを示すにすぎない。この意味においては、Firefox のように素晴らしいものであっても、破壊的な改革ではなく維持的な改革として見た方が良い、というのは 私が以前に論述した所だ


次に、維持的な改革が複数集まった時のインパクトは非常に大きなものとなり、新しい破壊的な改革を花開かせることができる。例えば、すでに何度も指摘されていることだが、Web 2.0 スタイルのアプリケーションを開発することは、少なくとも理論的には、実際に現れる何年も前に可能だった筈だ。我々が知っている Web 2.0 の出現は、長年に渡って集められ統合された、いくつかの維持的な改革のなせる技である。


  • 基本的な AJAX 技術の開発を可能にした、XMLHttpRequest などの付加的なブラウザ機能


  • ウェブブラウザのパフォーマンス、安定性、標準準拠の持続的な改良。これによって、クロスプラットフォームなダイナミック・ウェブアプリケーションの開発とデバッグがより簡単なものとなった。


  • サーバーサイドのハードウェアとソフトウェアにおけるコストとパフォーマンスの持続的な改良。これによって、数百万ドルの投資を行なわずとも重要なウェブアプリケーションの設置が可能になった。


  • 組織において、多数のサーバーを経済的に管理する能力の持続的な改良。これによって、Google などが何億人ものユーザーにダイナミック・ウェブアプリケーションを供給できるようになった。


  • ブロードバンド接続のコストとパフォーマンスと遍在性における持続的な改良。これによって、より多くの人がダイナミック・ウェブアプリケーションを実行でき、実際の体験を楽しめるようになった。


これら個々の領域における各々の改革は、比較的ちいさなものだ。わずかなパフォーマンスやコストの改善、ブラウザのバグ修正や新機能の追加、ブロードバンド接続の数百万人分の追加。しかし、これらの変革が集合したとき、ウェブの使用法の革命となったのである。


この意味において、Mozilla プロジェクトに貢献した全ての人々が、ウェブの未来を変え、インターネットにおける選択と革新を押し進めるという我々の目標をあらゆる人の利益へと前進させる手助けをした、と言えよう。その貢献は、Mozilla のバグ修正、Mozilla コードのパフォーマンスの改善(どんなに小さなものであっても) 、Mozilla 製品が新しい標準準拠テストに合格するようにすること、Mozilla のテストケースの作成、Mozilla のドキュメントページの作成あるいは更新、など様々だ。Adobe はこのような貢献者のうちで最も新しい貢献者であり、また重要な貢献者でもある。彼らの貢献を感謝するとともに、Mozilla プロジェクトへの参加を歓迎する。あなたもそうして欲しい!


2006-11-07




私的なリンク集 (本文中のリンクと重複あり)

Mozilla Japan - プレスリリース - Adobe および Mozilla Foundation、オープンソース Flash Player スクリプトエンジンを発表
akihiro kamijo: Adobe と Mozilla のオープンソースプロジェクト(Tamarin)

Tamarin (JIT) - Wikipedia, the free encyclopedia 英語版 Wikipedia には、早くも項目が立てられた。Adobe が貢献したコード量が、約135,000行におよぶ、という事が記述されている。
Tamarin - Wikipedia, the free encyclopedia 猿の方のタマリン。写真付き。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ここが変かも・・・

これが意味するものは何か? Firefox と、Mozilla テクノロジーに基づいた他のアプリケーションのユーザーにとって、から始めよう。

>ユーザーにとって、から始めよう。

、の後ろに何か入るのかな。

Google Translate BETA によれば、
「FirefoxのユーザーおよびMozillaの技術に基づいて他の適用から始まろう。」
となります。
あおもりくま
2006/11/15 00:10
あおもりくま さん、コメントありがとうございます。
Google は相変わらずおちゃめな訳をしてくれますが(^^;
1. ユーザーにとっての意味
2. 開発者にとっての意味
3. Mozilla プロジェクトにとっての意味
のうちの 1. から始めよう、という事だと思います。
ご指摘のようにわかりにくいので、
「まず、Firefox と、Mozilla テクノロジーに基づいた他のアプリケーションのユーザーにとっての意味から始めよう。」
としてみました。
池田
2006/11/15 23:51
、を取っただけでだいぶ良いです。

一昔前の翻訳サイトよりはだいぶマシですがw>Google Translate BETA

英語が分からないオラにとっては有難い存在です。
アレはなるべく短く切った文章で、しかも「可能な限り正しい日本語」にしなければ、英訳した時にとんでもない文になってしまうのはしょうがないと思ってます。

ということで、自然な日本語の流れに組み替えると・・・

まず、Firefox と Mozilla テクノロジーに基づいた他のアプリケーションのユーザーにとって意味するものとは何か、ということから始めよう。

・・・が一番しっくりきますが、全体の文脈から見ると翻訳調でることを前提に読めば池田さんの訳でGoodです。(偉そうでスミマセンスミマセン)

最近、会社で久しぶりに聞いた単語「口語」と「文語」。オラはたまに混ぜちゃって課長や次長とかにツッコミ食らいますw
直さなきゃ・・・
あおもりくま
2006/11/16 23:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Adobe、Mozilla、そして Tamarin Firefox Hacks 翻訳日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる