Firefox Hacks 翻訳日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Remora 続報

<<   作成日時 : 2007/03/27 10:01   >>

トラックバック 0 / コメント 2

流れが早すぎて追いつけない、という人のために、時系列で。(日付は日本時間)

3月23日 AMO が Remora にリニューアルするも、約半日で旧バージョンにロールバック (理由はサーバー負荷のため)。この時点の一般公開拡張数は、約160個。
3月25日 Remora 復帰。この時点の一般公開拡張数は、約800個。
(現時点では確認が取れないが、Firefox 2 に対応していない拡張がサンドボックス入りしていた)
3月27日 Remora の安定動作が確認。旧バージョンで公開されていた拡張が 全て一般公開 された。本稿執筆時での拡張数は、2268個。

まず、Remora の安定動作の方ですが、Mozilla Webdev の
It’s Aliiiiive! (あえて訳せば、「生きてるぞー」) で読めます。
前回の AMO Site Updated, Rolled Back と同様にグラフ付きで、
今回は過負荷にはなっていないようです。

で、前回とどこが違うかと言えば;
・ 一般公開されている拡張機能のファイルを releases.mozilla.org に戻した。
・ プレビュー画像のパスを固定にした(前はロケールごとに違っていた)。
・ キャッシュのルールを変更した。
との事です。詳しくは記事を参照してください。

さて、問題のサンドボックスですが、方針を撤回して、すでに公開されていた拡張は全部一般公開、
となったようです。
これについては、同じ Mozilla Webdev の
all pre-existing add-ons restored (made public) で読めます。

ここで、筆者の Mike Shaver が公式に、

I made a mistake in choosing how to roll out the sandbox and increased quality standards for AMO, in concert with the Remora software update, and we’re now correcting it.

と、サンドボックスの導入に際して、一般公開する拡張機能の数を制限したのは自分の誤りだった、
と認めています。
今後、アドオンの作者たち全員に連絡を取って、これからの方針について伝えたい、とありますので
まだ不確定な部分はありますが、2000強あったものをいきなり 200弱に減らす、
というような乱暴なことはもうしないでしょう。

余談ですが、Mike Shaver のこれの前のエントリ、
Reviewing, the Sandbox, and “missing” add-ons の方、ほぼ翻訳済みだったんですが
公開する前に時代遅れになってしまいました ><


参考:
窓の杜 - 【NEWS】“Firefox Add-ons”がリニューアル、多くの拡張のダウンロードで登録が必須に
窓の杜 - 【NEWS】“Firefox Add-ons”が再リニューアル、一般公開の拡張機能が大幅に増加
窓の杜 - 【NEWS】“Firefox Add-ons”、リニューアル前に公開されていた全拡張機能が再公開
Inside Mozilla Japan (Beta) - Mozilla、多言語化対応された新しい Firefox アドオン紹介サイトを公開

当ブログの過去記事:
新 Firefox Add-ons
Remora に何が起こったか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
個人的には、Sandboxのようなしくみと、200以下に制限するという風な方針自体は、あっていいと思っています。
「全部誰にでも公開」か「Sandboxの中の物には(事実上)一切アクセス禁止か」って、極端過ぎる気がします。

通常の検索にはヒットしなかったり、通常の一覧には表示されないけれども、簡単にワンクリックでSandboxの物も表示できるようになっていて、また、ダイレクトに拡張機能のページにアクセスしたときにはSandbox内であっても表示する(ただし警告付き)、という風な形になっていれば誰も何も文句言わないと思うんですけど。
Piro
2007/03/27 17:54
Piro さん、コメントありがとうございます。
私もサンドボックス・システム自体には賛成です。
公表前に時代遅れになった Mike Shaver のエントリにも書いてあるんですが、
サンドボックスは、閉鎖的だった AMO のレビューシステムを公開でやるわけで、
AMO スタッフの作業軽減にもなりますし、拡張作者の方にもメリットがあります。

拡張数の制限の方ですが、200以下というのは少なすぎるかなー、と。
「スタッフのおすすめ」もあることですし、500から800くらいあってもいいような。
3月25日の時点の数が多すぎず少なすぎずなのでは、と思いました。
いずれにせよ、これから Mike Shaver の逆襲が始まるわけですが。

あと、一般公開とサンドボックスの二択にするからいけないんで、
もう一つ箱を作って、旧バージョンにしか対応していない拡張を入れる、
というのもいいかも知れません。
名前はリサイクルボックスとか(^^;
池田
2007/03/28 08:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
Remora 続報 Firefox Hacks 翻訳日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる