MyMiniCity を一人で楽しむ

MyMiniCity
去年の暮れから人気急上昇中で、Mozilla 界でもいろんな人がはまっているようだ。
例えば、秀の介さん とか 鯖缶さん とか baffclan さん とか のり さん とか。

MyMiniCity は要するに、ウェブベースの シムシティ で、
アクセスするリンクをブログ等で公開し、他の人が来ると街の住人が増える、という仕掛けがミソ。

ここで、ふつーのブログだったら、
「私の街のリンクはこれです。みんなアクセスしてね」
になるわけだが、うちのように固定客数が少ないブログでそんな事やってもたかが知れている。
そもそも、思いっ切り出遅れているので、他の人と同じことをしていてもつまらない。

というわけで、「リンク縛り」をした「一人 MyMiniCity」をやってみた。
ま、あれですな。Final Fantasy の「Level 1 攻略」みたいなものと思っていただければ。

始めたのは 1月13日 (日曜日) の夜。
そこから、14日の休日をほぼ一日潰して、住人数を 150人まで増やした。
15日、16日と仕事だったので作業時間は激減したが、
本日 (1月17日) に、ついに 200人になった所のスクリーンショット。

画像1


画像2


ほかの街に比べると、垂直方向にではなく水平方向に広がっているような気がする。
街の中心部には高いビルがほとんどないのだ。
これは、インフラ重視のポリシー (Unemployment は 3% 以下、Transport は 97% 以上) を
キープしていたせいかもしれないし、ただの偶然かもしれない。
これらのパラメーターをキープするためには、住人を 3~4人増やすごとに
工場や道路を作らなければならない、ということもわかった。

なお、パラメーターの維持に、振り分けサービス は一切使っていない。
そこまで自動化しちゃうと、一人でやる意味がなくなって、ただの作業になってしまう。

え? MyMiniCity は一人あたり一日一アクセスしかカウントされない筈だって?
そこをなんとかする方法があるから、「リンク縛り」をやってるんじゃありませんか。

とは言っても、しょせんはただの地道な力業で、かつ効率的にやるには
少々特殊な環境が必要なので、ここで偉そうに詳細を公開するつもりはない。
(もしも要望があれば追記あるいは別エントリにするので、コメント欄にでも)

こんなお馬鹿をやっている奴もいる、という事で。


<2008年2月7日 追記>
誰からもリクエストがないけど、上で触れた「一人 MyMiniCity」のやり方。

敵が見ているのは IP アドレスだけなので、IP アドレスを変えてアクセスすれば
一日に複数回アクセスできるわけだ。

1. IP アドレスが固定の場合
プロキシ噛ますしかないだろう。
Firefox には SwitchProxy Tool という拡張機能があり、
これを私が改造したもの もあるのでご参考まで。
ただし、基本的にプロキシを使うとアクセスに時間がかかる。
30秒待ってようやく画面が表示されだす、なんてことに怒っていては使えない。
また、変なプロキシを使うと、どこにアクセスしようとしても中国語の画面になったりするので注意。
Firefox を再起動すれば元に戻る (筈)。
万一のために、別プロファイルを作っておいた方がいいだろう。
Firefox 3beta と Firefox 2.0.0.x で使い分ける、というのもアリだが、
3beta の別タブで他の街を開いていくとフリーズしやすい (ような気がする) ので、Firefox 2 推奨。

2. IP アドレスが自動取得の場合
PPPoE とかだと、プロバイダとの接続を一旦切って、しばらくしてからつなぎ直すと
別の IP アドレスを割り振ってくれる。
曜日と時間帯にもよるが、5分~10分切断していれば新しい IP アドレスで接続されるだろう。
慣れない内は、ウェブサービスの 「IP アドレス・チェッカー」を併用して、
どれくらいの間隔なら別アドレスになるか、を把握されたい。

最大の問題点は、切断している間はネットにアクセスできない、という事だが、
私の場合、@nifty と Biglobe と二つのプロバイダを切り替えて使えるので、
この問題は発生しないし、待ち時間の間にプロキシも使用できる。

世間には DS でアクセスポイント渡り歩きながら MyMiniCity している、という猛者もいるらしいし、
ケータイのなかには MyMiniCity にアクセスできる機種もあるらしい。
私のケータイだと、「Flash のバージョンが古い」と怒られたけど。


さて、この記事が参考になった、という人は、私の MyMiniCity Utoland にも来てみてほしい。
上記のスクリーンショットからどれだけ街が発展したか、がわかるだろう。
ちなみに、"Utoland" は「ユートランド」と読み、ガッチャマンの舞台になった場所だ。
もう消えてしまったけど、街の掲示板で外人からガッチャマンねたで突っこまれた時は驚いた。
恐るべし、タツノコアニメ。
<追記終わり>

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック