IE8 は進歩を証明したのか?

時事ネタは速報性が要求されるため、充分に検証する時間がとりづらいので苦手だ。
以下、個人的な意見を述べるのは極力避けて、引用できる事実のみを列挙してみる。

事実その1。
IE 8が進歩を証明:マルウェア対策に最も優れたブラウザはこれ - ITmedia エンタープライズ

セキュリティ製品の検証を手掛ける米NSS Labsは、主要なブラウザ6製品のマルウェア検出率を比較する実験を行い、このほど結果を公表した。
(中略)
その結果、MicrosoftのInternet Explorer(IE) 8はマルウェア検出率が69%と、ほかのブラウザに比べ群を抜いて高かった。

事実その2。
NSS Labs の記事 Web Browser Security - Socially Engineered Malware - nsslabs.com によると、テストに使用したブラウザとそのバージョンは以下の通り。

* Apple Safari v3
* Google Chrome 1.0.154
* Microsoft Internet Explorer v8 (RC1)
* Microsoft Internet Explorer v7
* Mozilla Firefox v3.07
* Opera 9.64
(強調筆者。中立的な立場でテストしようとするのであれば、正式版がリリースされてからテストするのが普通ではないだろうか? PDF 版のレポート本文 にも目を通してみたが、明確な説明は見つからなかった)

事実その3。
The Tech Herald の Can you trust the NSS Labs report touting the benefits of IE8? は、「IE8 のリリースと時期を合わせて発表されたこのレポートは、Microsoft が宣伝のために仕組んだものではないのか?」という記事である。
そのコメント欄には、記事の論調を批判する読者コメントが二つ投稿されている。
記事作者自身の返信によれば、この二人(Eric と Phill)の投稿は同じ IP アドレスから投稿されたものである。


NSS Labs によって IE8 の進歩は証明された、と言えるだろうか?
信じるか信じないかはあなた次第です。(©関暁夫)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック