Firefox Hacks 翻訳日記

アクセスカウンタ

zoom RSS HTMLメールはなぜ日本で嫌われるのか?

<<   作成日時 : 2006/07/23 23:19   >>

トラックバック 1 / コメント 0

ばぐじらの、
Bug 4187 - 日本語版のデフォルト・メッセージ作成モードはテキスト形式の方が良い
を読んで考えてたら、内容がどんどん膨らんできたので、ブログ記事にしてみた。
簡単に結論が出るような話ではないのだが、個人的な意見のメモとしてお読みいだだきたい。

(今北産業な人のための)上記バグの簡単なまとめ。

 1. 日本ではHTMLメールは嫌われてるから、デフォでテキストメールにした方が良くないか?
 2. 現状では日本でも主流はHTML形式ではないか? (大島さんのコメント
 3. セキュリティが問題なのなら、日本だけで普及していない理由が説明できない。(えむけいさんのコメント

「"HTMLメール" 嫌われる」でググってみると、嫌われる理由は大きく5つに分類できるだろう。

 1. サイズが大きくなる
 2. ネットにつないでいないと読めない
 3. HTML形式に対応していないメールソフトでは読めない(読みにくい)
 4. ウィルス感染の問題
 5. プライバシーの問題(Webバグ

1. と 2. は、常時接続なら大きな問題にはならない、という反論がある。
@IT:HTMLメール普及を狙う広告業界 (2002/9/20) によれば、

日本より一足先にブロードバンド環境が整った韓国では、広告メールやメールマガジンのほぼ100%がHTML化している。

と、HTMLメールの普及率とブロードバンド環境との関連を指摘している。
しかし、ここで注意したいのは、「米国でも半分程度がHTMLメール」という所。
私の記憶が確かなら、2002年の状況では US のブロードバンド普及率は、
日本と同等かそれ以下だったと思う。
従って、HTMLメールとブロードバンド環境の普及率は単純な相関ではない、と考えられる。

3. については、各国のメールソフト構成の違いを考えなければならないが、
Becky!やEudoraでも最近のバージョンではHTMLメールの表示は出来る筈だ。

4. と 5. が一番大きな原因のように思えるが、上記えむけいさんのコメントにあるように、
セキュリティやプライバシーが問題なのなら、日本だけで普及していない理由が説明できない。

これを踏まえて(いつもながら長い前振りだ)、一つの仮説を立ててみたい。

そもそも日本語のメール環境に、HTMLメールはそぐわないのではないか

あるいはもっと簡単にこう言ってもいい。

日本語のメール環境でHTMLメールしても便利ではない

その原因は一つではなく、いくつかの要素の複合と考えられる。
まず、フォントの問題。

英語でHTMLメールを使う時のメリットとして、太字とイタリックが使える、というのがある。
英語は自己主張してなんぼ、という言語で、自分の言いたいことを強調するのに
これらが使えると便利なのだ。
ちなみに、英語における太字とイタリックの違いだが、原則として
 イタリック = em
 太字 = strong
と思っておけば間違いないようだ。
ただし、wikipedia の Italic type に列挙されているように、
イタリックは強調以外にも使われる、という所も重要だろう。
なお、太字の方は、強い強調や表題など、日本語とあまり変わらない使用法のようだ
Emphasis (typography) - Wikipedia

さて、日本語の場合を考えてみると、個人的には日本語でイタリックが使えても嬉しくない。
イタリックを指定すると、読みにくくなるだけで、強調の役には立たない
と考えているので、英文和訳する時もイタリックは太字に変えたり、「」を使ったりしている。
太字が使えると少し嬉しいが、是非とも必要なわけではない。
一般の人の行動を推測するに、文字飾りが必要な内容をメールで送る時は、
Word とかで文書を作って添付するのではないだろうか。
当然ながら、メール本文はただの送り状なので、内容を強調する必要はない事になる。

フォント関連では、英語だとフリーのフォントが入手しやすい、という点とか
フォントのサイズや色についても考察してみたのだが、長くなるので省略。
もう一つ、背景や本文中の画像を考えてみたい。

HTMLメールのプライベートな使用法として、グリーティングカードのメール版、というのがある。
これをやりだすと、背景画像を使ったり本文中に画像を入れたくなるわけなのだが、
日本ではグリーティングカードをやり取りする、という文化自体が存在しないに等しいのではないか。
あえて近いものを探せば、年賀状になるだろうが、元日のトラフィック圧迫の根源として
年末に自粛お願いがプロバイダ等から出されるのは周知の通りだ。
余談だが、かなり前に年賀メールを出そうとして、サブジェクトに困った経験がある。
サブジェクトを「謹賀新年」とかにしてしまうと、本文に書くことがなくなってしまうのだ。
英語だと、"Seasonal Greetings" という便利な言葉があるのだけれど。

また、旅先から絵はがきを送る事を考えてみよう。
英語圏の人たちは、写真の上にサラサラと一筆書いて送ってしまう。
文字と写真の混在を気にしている風もない。
日本だと、写真の上に字を書く人もいるだろうが、
写真と反対側の住所欄下半分(罫線が引いてあったりする)に文字を書く人が多いのではないだろうか。
日本の絵はがきに、わざわざ記入欄が作られている理由として、
日本語のように画数の多い文字の背景に何か映っていると、文字も画像も見にくくなるからだ、
とは考えられないだろうか。
とすれば、絵はがきのようなものをメールで送る場合、HTMLメールで画像を貼り付けるのではなく、
本文をプレインテキストで、画像は添付する、という方が日本語環境では自然なのである。


以上、HTMLメールは日本語環境では英語環境ほど便利なものではない、
という仮説を検証してみた。
便利なものであれば、セキュリティやプライバシーに多少の問題があっても普及する筈だ。
(某P2Pソフトのように)

にもかかわらず、「現状では日本でも主流はHTML形式」だとすれば、
その多くは「text/plain + 同内容のtext/html」なメールなのではないだろうか。
もしかすると、ケータイの写メールや絵文字メールで育った人たちが、
HTMLメールの表現力を生かしたメールをやり取りする時代なのかも知れないが(^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マイクロソフトのセキュリティー態度に疑問を感じます。
最近は、ウイルスやインターネットのセキュリティーをついた、 色々な攻撃や改ざん等が多いですが、 今日はマイクロソフト社の企業方針として、疑問があり、 みなさんに提議させて頂きたい。   今日は、HTMLメールについて書きたいのですが、 わたしは先日ヤフーで、HTMLメールについてどう思うかと、 アンケートをしました。 【質問内容】 あなたは、HTMLメールを送りますか?   【回答】 *Aさん 「テキスト正式」でのメール使用です。 メールの基本的なマナーにも当てはまるので、 HTMLメール... ...続きを見る
tadashi??
2007/03/12 18:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
HTMLメールはなぜ日本で嫌われるのか? Firefox Hacks 翻訳日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる