Firefox Hacks 翻訳日記

アクセスカウンタ

zoom RSS セッション管理機能

<<   作成日時 : 2007/06/22 13:28   >>

トラックバック 0 / コメント 4

もしかすると知らなかったのは私だけかも、な Tips で恐縮だが、
Firefox のセッション管理機能でちょっと感動したので。
えむもじら さんの Firefox 2 の新機能(1) テーマ、アドオン、タブ、セッション にも
記述がなかったので、level さんでも知らない Tips なのかもしれない。
思うに、以前からの Firefox ユーザーだと、何かの拡張機能を入れて予防策を取っているか、
ケアレスミスしないように注意しているので、かえって知る機会が少ないような気がする。

まず新しいタブで、投稿フォームのあるページを開いてみよう。
(いや、このページでもいいんだけど、アクセス数稼ぎとは思われたくないので)
次に、投稿フォームに何か入力する。「テスト」とか「お試し」とか、短いもので構わない。
では、タブを閉じてみよう。
そして、「履歴」 → 「最近閉じたタブ」 から、閉じたタブを開き直してみていただきたい。
ページが開かれるのは当然として、投稿フォームに入力した文字も再現されている筈だ。

これで驚いていてはいけない。

(もしまだ設定していないのであれば) 「ツール」 → 「オプション」 → 「一般」で
起動時に「前回終了時のウィンドウとタブを読み込む」を設定した上で、
上記の手順に従って、何か入力する。
そして今度は、タブを閉じるのではなく Firefox 自体を終了する。
Firefox を再起動して、入力したテキストが再現されている事を確認して欲しい。
(なお、user.js に "browser.startup.page" の設定を入れていると
設定変更後に再起動しても反映されないので注意、というか私はこれではまったし、
当然ながら Firefox 2 でも起動時は空白ページのままだった)

残念ながら、このブログの管理ページや Bugzilla@Mozilla のように
SSL を使っているところでは、さすがに再現できないようだが、
Bugzilla-jpもじふぉ だと、書き込みの途中で
間違ってタブや Firefox を閉じても大丈夫、という事になる。

ま、だからといって、これで It's All Text! とかがいらなくなるわけではないのだが、
知っておくと、まさかの時に精神衛生上よろしいだろう。
「拡張機能を入れないと使い物にならない」と言われて久しい Firefox だが、
いつの間にか、素の Firefox も進化していたんだ、と実感した次第だ。

ちなみに、きっかけになったのは ITmedia の「Opera戦士Y記者」が書いた
ITmedia Biz.ID:「書きかけのmixi日記を消してしまった!」を防ぐ

なおいくらOperaとはいっても(Firefoxでも)、編集途中でページを閉じてしまったら、書きかけのテキストは復活できない。くれぐれも「書きかけで閉じちゃった」という失敗だけはしないように気をつけたい。

2006年10月23日付けの記事だが、たまさか近くにあった (つまり他の人の PC に入っていた)
Opera 9.1 で確認したかぎりでは、タブを閉じると復活できないようだ。
どこかで設定変更できるのかもだけど。

最後に、例によって後付けで検索した関連記事をあげておく。
Open Tech Press | レビュー:Firefox 2.0に施された堅実な改善点
これによれば;

Firefox 2.0のセッション復元機能が有効となるのは、クラッシュないし機能拡張の追加やアップデート後にブラウザを再起動した場合だけであり

とあるので、上記したような動作にはならないような気がするのだが、
マイナーバージョンアップの間に変更されたのかな?


2007年6月24日追記
Piro さんのコメント↓で、browser.sessionstore.privacy_level を 0 に設定して
「常に保存する」ように変更すれば、SSL でも復活できる事を教えていただきました。
問題はセキュリティ関係の懸念ですが、MozillaZine Knowledge Base の
Browser.sessionstore.privacy level でも、非推奨の設定になっています。
その理由は、銀行やオンラインショップに情報が二重に送られる可能性がある、だそうです。

ちなみに、冒頭の記述に対して level さんからも反応をいただきました。
セッションリストア - えむもじら
あわせてどうぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
Firefoxのセッション保存機能はクラッシュからの復帰も考慮に入れているので、結構高機能なんですよね。
ちなみに、about:configでsessionstore.privacy_levelに0を設定すると、SSLで保護された通信についてもCookieやフォームの入力内容を保持するようになります。セキュリティ的にあまりよろしくないとは思いますが……
(0=常に保存する、1=SSLで保護されていない通信の時のみ保存する、2=常に保存しない)
Piro
2007/06/22 14:10
Piro さん、コメントありがとうございます。
sessionstore.privacy_level の設定で SSL でも復活する事を確認しました。
おっしゃるように、セキュリティ的には謎があるので、少し調べてみます。
池田
2007/06/22 23:29
> Firefox を閉じても大丈夫、
これが微妙なところで、複数ウィンドウがある状態で右上の×ボタンでウィンドウを閉じていくと、最後のウィンドウの内容しか復元されないんですよね。
アプリケーションを終了させるのに上記操作をしている人をよく見かけるのですが、そういう人はえてしてプログラムの起動/終了を意識していなくて、その概念の理解を前提としている今のFirefoxのインターフェースはどうなのかなあとちょっと思います。

> とあるので、上記したような動作にはならないような気がするのだが、
> マイナーバージョンアップの間に変更されたのかな?
いえ、2.0.0.0のころから「前回終了時のウィンドウとタブを読み込む」の項目は存在していました。単なる見落としでしょう。公式ページにもありました。
http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/#sessionrestore
ちなみに閉じたタブが復元できるのはセッション復元機能とは別物だと思います。
takeshi
2007/07/01 04:49
takeshi さん、コメントありがとうございます。

> アプリケーションを終了させるのに上記操作をしている人をよく見かける
ということは、初心者に対するセールスポイントになるとは限らないわけですね。
「復元できると言われたから導入したけど、テキストが消えちゃったじゃないか」
とか言われそう (^^;
池田
2007/07/02 01:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
セッション管理機能 Firefox Hacks 翻訳日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる